競輪歴54年のコーナー

平成26年09月30日

平成26年9月30日
青森記念の最終日は私の悪い予感が当たってしまいました。前3日間が信じられぬ程、これでもかこれでもかと本命で収まり、3連単は5万以上ゼロだった反動なのかまとめて出ました。
落車こそ一度だけでしたが、大塚健一郎は番手の仕事を全うするあまり、不運にも腕か肩が中村一将に引っ掛かり離れず失格、落車の後は失格とはこの選手の生き様なのかも。
決勝は想定してた通り、炎のレーサー武田豊樹は神山雄一郎をグランプリに連れて行かんと鐘から高橋陽介に叩かせぬ突っ張り先行。誤算は、この展開を読んでいた今シリーズは一味違う運行をやっていた新田祐大が、阿部大樹を飛ばすと決めていたが、レース後の談話。深谷知広か新田祐大が現輪界の巨大な大砲の内の一人が3番手では、神山のテクニックも及ばず2着に甘んじましたが、賞金を積み上げたのは間違い無し。優勝した新田は6千万近くに成り、浅井康太に続いて賞金でのグランプリを決定付けた決勝でした。
新田と浅井は来月11日初日の熊本記念で直接対決。金子貴志・平原康多もで、グランプリを考えたら熊本記念から目が離せないし、2日初日の大垣記念も同じです。

平成26年09月29日

平成26年9月29日
青森記念の3日目は、年金前のウィークデイにも関わらず、岐阜記念の3日目とほゞ同じ数字。何度も言ってる様にこゝまで番組がはまれば担当者は有頂天に成り、ふんぞり返ってる事でしょう。準決勝は3つともにライン、それも3人で決まりました。こんな事は後にも先にも無いサプライズ、その他も5・6・7・8・9Rが大本命。最終日くらいは穴党を喜ばせる高配当の続出を期待してるんですが、どうでしょうか。
尚売り上げは44億7千万なら、最終日に16億3千万で目標はクリヤーする計算。多分65億迄は行くのではと思ってる次第。
夜は小倉ミッドナイトを大いに楽しんで下さい。私はこのまゝ大垣記念に向かいます。武雄FIを終えたら待望の熊本記念、私が全精力を打ち込んだチラシが全国の場・サテライトに置いてあります、隅から隅まで熟読されたら必ず車券戦術の大きなヒントに成りますので、大いに利用して下さい。ずっとこれからも「コンドル」を全国のコンビニ(ローソン・ファミマ・サークルK)のE・SHIBNNコーナーでお買い上げ下さる事を切望して青森を去ります。

平成26年09月28日

平成26年9月28日
青森記念は想定通り番組の手腕で前回の岐阜を上回りました。この勢いなら3日目は又しても勝負のレースを意図的に作ってる事もあり、14億は大丈夫かと。そうすれば3日間で45億5千万に達する計算。4日目に17億で61億の目標を1億5千万はオーバーする事に。それは大丈夫の様な気がします。
2日目は初日に頑張った肥後のホープ中本匠栄が落車。顔から落ちたので心配ですが、骨折はなかった模様ですが、ケイツイに歯そして打撲に擦過傷はかなりのものとの事、早く治る事を祈るのみです。
2日目は予想通りに決まりましたが、3日目はどう成るのか。こゝもバチバチ決まって欲しいと思って全力で取材した事を元に「コンドル」を作り上げてますので隅から隅までご愛読下されば必ず宝の山にぶつかるものと信じて疑いません。そして小倉ミッドナイトの方もミッドナイトコンドルで大いに楽しんで貰えればと思ってます。

平成26年09月27日

平成26年9月27日
青森記念の初日は前回の岐阜記念の初日(土曜日)より売り上げはアップ、これなら目標の61億は軽くクリヤーしそうなムード。
岐阜の番組もそうでしたが、こっちはその上を行ったのは、初日から武田と神山を一緒にした大胆さ。普通なら3日間は一緒にやれないで、ならば準決でと考えるのを、思い切って初日にした成果。準決なんて考えてたら一寸先は闇だと言う事を肝に銘じてるからの番組が功を奏しての売り上げだと思います。優秀なのは2日目の二次予選が通常なら5時を軽く過ぎるのに、10分前には我々の手元に。それで取材はスムーズ、早い番組は絶対に優秀だからです。堅いレースもあればガチガチもで穴党・本命党が平等に楽しめる趣向に成ってます。
初日は朝一の1Rから狙い目がズバリ的中した事もあり、ほぼパーフェクトでした。
2日目は1Rから競り合い、上田隼より才迫勇馬を。
2R、九州コンビ。
3R、黒木誠一の捲り。
4R、栃木コンビ。
5R、北陸コンビ。
6R、中本匠栄にもう一度。
7R、伊藤保文。
8R、志村太賀。
9R、山中秀将。
10R11R12Rはしっかり観戦のレースに成ってます。
そして夜の9時からは小倉ミッドナイト、こっちはパーフェクトを狙いますので期待して下さい。


青森記念の初日ですが、北国青森だから、もっと冷え込むかと思ったら心地良い秋日和の午前中。
武田豊樹・新田祐大・神山雄一郎のオールスター決勝組はオールスター直後に競輪学校の違反訓練5泊6日に強制参加。午前中は幾らでも練習やれる環境、午後はそこまでやれず、説教らしき講義を受け、夜も宿舎なので体を休めるには良かったが3人揃っての感想。グランプリの椅子を狙っている新田祐大・神山雄一郎にはそれ処でなく、自分自身のために賞金を積み上げねばの気合。岐阜記念を追加で走り、決勝で落車した大塚健一郎も空元気なのか、何事も無かった様な表情。フレームは無事だったので、一旦家に帰り、軽く調整して細やかな部品は持って来たとの事なので大丈夫宣言。昨年の覇者、金子貴志は余裕しゃくしゃく。これに平原康多を交えた5人は競輪祭が終わる迄は目が離せない攻防が続きます。一応、安泰とされている浅井康太・岩津裕介も気が気じゃない日々の毎日。これからの競輪界はこの話題で持ち切りに成ります。
尚、競輪祭出場の自粛組の中で、渡邉一成は世界選(ドイツ)参加で24走の必要はなく、救済されなくても大丈夫だったとの事だそうです。出れる事になった3人は、仲間の事を考えたら欠場してもと考えたと思いますが、お上が決めた事に逆らったらどんな結末が待ってるやも知れず、何事も無かった様に決められた事に従いそうな雰囲気。小倉で仕事をしている私には大変喜ばしい事。
輪界のホットな話題は、49歳の大竹慎吾が福井で9連勝3連覇の特別昇進を決めてました。今期は18走して1着14回・2着4回、優勝5回の連対率100パーセントは凄い記録。この努力には敬服するばかり。S級戦での活躍が楽しみです。
尚、105期の若鮎達もあちこちで特別昇班を決めているのも明るい話題の一つ。№1の野口大誠は昇班2場所目の佐世保で優勝、3場所目の高知は準決で広川泰昭に抜かれたものゝ、3日間共に100パーセントの内容で、決勝は西田大志の猛追を振り切り、山本奨等にレースをさせずの1周半逃げ切りで早くもV2、やっと熊本から本物のホープが出現した様です。
青森記念の初日は前検日の取材を元に軽いヒントを。詳しい事は本紙‘コンドル’でお楽しみ下さい。
1R、金子幸央・高市訓但・中本匠栄の3人はこゝだけでなく、暫くの間は狙い続けて損は無い若者。
2R、黒木誠一。
3R、箱田優樹。
4R、坂本貴史。
5R、武藤龍生に藤田剣次。
6R、櫻井正孝。
7R、志村太賀の独壇場。
8R、野原雅也。
9R、吉澤純平の若手が軸。
10R、新田祐大。
11R、吉本卓仁。
12Rは見送りの大本命レース。
(詳しくは⇒http://www.e-shinbun.net/cp/condor)

平成26年09月26日

平成26年9月26日
小倉FIの最終日は、いきなりの1レースが◎○△で決まったので、本命のオンパレードかと思ったら荒れに荒れまくりましたが、私の予想は随所で穴目を的中させたので、信じたファンは損は無かったものと信じてます。
今日は青森記念の前検日、もう半袖は卒業してこゝから長袖に衣替えしました。確かにヒンヤリするので体調管理は難しいですが、小倉で頑張ってる弟同様、体調崩して寝込む事は許されない身なので、這いつくばっても仕事をするしかないのは或る意味では一番の健康法なのかも。
仮番組でしっかり仕事をしましたが、こゝの番組はグッド。これを初日でやれたのであれば残り3日間も大丈夫。厳しい経済状況の中、何処迄売り上げを伸ばせるかは、番組の腕と思ってるので楽しみにしてます。
又こゝ青森は日本一解り易い名実況アナが居ます。これを聞くのも年1回の楽しみ、勉強されてるからの事、全国のアナも青森の名人を真似てファンに喜んで貰える様にしたらと思った次第。
何れにしても青森記念に同時進行の小倉ミッドナイト、そして連動してる大垣記念迄はノンストップ。
誰もが狙う本命より、一日一善じゃないですが一日一発の高配当をプレゼント出来る様、頑張るし、自信はあります。

開催日程

平成26年10月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1
大垣競輪場
水都大垣杯












千葉競輪場
開設記念 第7回滝澤正光杯



防府競輪場
周防国府杯争奪戦



小倉 ミッドナイト競輪オッズパーク杯 ミッドナイト 新星社杯 ナイター スポーツ報知杯 ナイター
熊本 火の国杯争奪戦

平成26年09月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
場外1 岸和田競輪場
名輪会カップ 石田雄彦杯

別府競輪場
第11回アペックス杯



前橋競輪場
オールスター競輪
別府競輪場
第12回コカ・コーラウエスト杯

岐阜競輪場
長良川鵜飼カップ



青森競輪場
みちのく記念競輪
小倉 ミッドナイト競輪Kドリームス杯 ミッドナイト 西日本スポーツ杯 ナイター ミッドナイト競輪西スポ杯 ミッドナイト

平成26年08月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1 向日町競輪場
平安賞
武雄競輪場
日本名輪会カップ 井上茂徳杯


サマーナイトフェスティバル




小田原競輪場
北条早雲杯争奪戦
佐世保競輪場
オッズ・パーク杯
豊橋競輪場
開場65周年記念ちぎり賞争奪戦



富山競輪場
瑞峰立山賞争奪戦
場外2






静岡競輪場
第9回ジャパンカップ





















小倉 ミッドナイト競輪DMM杯 ミッドナイト 第8回吉岡稔真カップ争奪戦
熊本 日刊スポーツ杯・繊月カップ

注目の最新情報をチェック!

facebookウォール