競輪歴54年のコーナー

平成30年02月23日

平成30年2月23日
初日の番組には怒りしかありませんでしたが、2日目の仮番の迅速さには怖れ入りました。やれば出来るとはこの事で、早い番組は内容も充実して居り、これだったら土・日の売り上げは松戸FIも終了した事であるし期待出来るのでは。2日間で19億6200万なら3日目に14億、そして最終日に18億越えたら51億は軽くオーバー、これに上乗せがあれば53億迄の淡い期待が。
2日目の大ヒットは最終レースの松谷秀幸◎でしょう、この勢いで。
1R:戸田洋平
2R:竹澤浩司
3R:大石崇晴
4R:岡崎景介
5R:金子哲大
6R:中川誠一郎
7R:近畿コンビ
8R:蒔田英彦
9R:岡本総
10R:松谷秀幸
11R:香川雄介
12R:早坂秀悟

平成30年02月22日

平成30年2月22日
奈良記念の初日は、静岡記念の流れで裏開催に松戸FⅠ2日目が重なっても11億は行くものと思ってましたが、いざ蓋を開けてみれば10億を割るとは、33バンクが嫌われたのか、この数字には少なからず大ショック。S・Sの三谷竜生に武田豊樹ではダメだったのが現実。それにもう一つ番組に苦言を、確かに落車事故はありましたが、補充を探すのは構いませんが、近くに居ないなら、こゝ奈良は7車立のミッドナイトで息を吹き返したなら無理に9車立にする必要はなかったのでは。愛媛や富山から呼び、それでももう1車で負け戦の組み合わせが発表されたのは前代未聞の5時半で、何と2次予選より遅かったでは。1分1秒でも早く新聞を作り上げて全国のファンに勉強して貰わんと頑張ってる私の所には大打撃。あまりにもお粗末過ぎて開いて口が塞がらないとは正にこの事、久し振りに「頭にキノコ」状態に成った事で血圧は上がり、長生きするのか、ポックリ行くかでしょう。これを対岸の火事と喜ばず他地区の番組マンはこんな事が無い様に努力して下さい。
初日の感じで2日目のヒントを。
1R、筒井裕哉から南関コンビ。
2R、南関コンビ。
3R、中村一将から九州コンビ。
4R、桑原亮の連対。
5R、岡本総から北コンビ。
6R、永井清史。
7R、早坂秀悟。
8R、黒田淳の2・3着。
9R、桐山敬太郎。
10R、香川雄介。
11R、千葉コンビ。
12R、松谷秀幸です。


平成30年02月21日

平成30年2月21日
奈良記念は例年なら小雪舞う寒くて震え上がるのに前検日はそこ迄無かったので4日間このまゝなら我々そして選手・ファンも大喜びで、目標の55億は年金効果がまだ残ってれば行けそうな数字かと。
初日の狙いは、
1R 岸澤賢太
3R 小酒大勇
5R 樫山恭柄の2・3着
6R 岡本総
7R 石川裕二
8R 鷲田佳史
9R 桐山敬太郎
10R 香川雄介
11R 早坂秀悟
12R 三谷竜生

静岡記念は日程に恵まれて目標を3億オーバーして62億は静岡グランプリに弾みが付いたのかも。
それにしても荒れました。
まともに決まったのは浅井と金子に坂上の9Rのみ。
優勝は107期の争いを上手く利用した古性優作が捲りを決めて記念4度目の優勝。
疲れ切ってた村上義弘はそれでも2着をキープしたのは流石。平原は又しても前に任せたばかりに力を余して終了しました。
大宮記念・全日本選抜、そして今回と平原には馬は要らないのでは。
番組も本人がそこ迄望んでない平原・村上兄・浅井には出来る限り勝ち上がりは自分でやらせる事もマンネリ化を打破するのと同時にファンも推理の幅が拡がり、売り上げ以上にファンの流出を食い止めて新規ファンの開拓にも繋がるんではと思いますがどうでしょうか。
佐世保ナイターでは111期の山崎賢人が旋風を巻き起こしてます。南潤・松本貴治そして佐々木豪と西から輪界の将来を担う若い芽が育ってるのは朗報。
この分なら次から次にニュースターが出現しそうで楽しみな材料。
そして熊本競輪場復活を市長の口から発表されました。規模を縮小して、早ければ東京五輪の年の10月に開催される様、努力する旨。
ならばそこ迄は元気に頑張ろうと言う気にさせてくれました。

平成30年02月19日

平成30年2月19日
静岡記念は年金効果の4日間、裏でFⅠ開催が無かった事もあり、目標の59億は間違いなくオーバーする事に成りました。3日間で45億なら最終日は14億で到達する計算。それ以上を狙ってか、番組はこれでもかの本命レースを作ってます。8・9・10Rは穴党はお休みが賢明。そしてファンに不評のエボリューションを従来の9Rから6Rに持って行ったのも多分大ヒット、ブロックセブンだったら買えるけど、カタカナ名のケイリンは自転車、そしてルールが違うし、コメントを出せないでは、ファンがブチ込める筈はないでしょう、早く気付くべきで廃止の方向に持って行って欲しいです。
決勝戦は3連勝の平原康多に強烈な追い風が吹きました。それは3度び吉田拓矢を使えて、後を神山拓弥が固める大名レース、ならば4連勝するしかないでしょう。常に一戦燃焼の村上義弘は全日本選抜で力出し切った疲れは中3日で除ける年齢ではないのが、今回の動きでも決勝に乗って来たのは凄いとしか。元気なのは若い古性優作に取鳥雄吾、そして北の成田和也に大槻寛徳は2・3着には入れたいレーサーです。次は中1日で奈良記念、私は明日にでも奈良入りして備える事にします。大いに期待して下さい。

平成30年02月18日

平成30年2月18日
静岡記念の2日目は、風は穏やかで陽射しもありましたが、温度は低く、それで風邪気味に成った人は多かったのでは。
入場者は2日間で1万2383名は静岡だからこその数字。もし最終日が休みの日だったら間違いなく1万人は越えるのが静岡競輪場。
2日間の売り上げは31億6千万、残り2日間で27億4千万行けば目標達成、競輪のためにも行って欲しいと願ってます。そのためにか番組は本命党を喜ばす精一杯のを提供してます。このマンネリ感たっぷりが、ファンに受けるかどうかも興味津々。
3日目は又狙いのレースを少々。
3R、堀内の首位で田中陽平の2・3着。
4R、長尾拳太。
5R、南関東トリオのボックス。
6R、畑段嵐士から小川賢人。
7R、牧剛央の2・3着。
8R、伊藤信。
9R、中国コンビ。
10R、岡村潤と原田研太朗。
12R、渡邉晴智。
そして夜は小倉ミッドナイトの最終日、こっちも全力で頑張ってます。大いにコンドルを利用して下さい。


昨日16日は日本列島が平昌五輪のフィギアスケート一色に染まりました。期待に応えた羽生結弦には大興奮。こんな私でも涙ぐんだぐらいです。
そして同じ日に中学3年生の藤井聡太五段が国民栄誉賞の羽生善治竜王を準決で破り、決勝も勝って六段に昇格しただけでなく、1千万近くの賞金を獲得して王座に就いた事で将棋界も大フィーバー。
それに較べて私が仕事として生涯を捧げる事に成った競輪界はどう成るんでしょうか。
何とかしたいで115・116期に特別枠を設けて、平昌五輪に出場した選手の中で競輪選手を目指す者が居れば試験を実施する事が発表されてました。これもニュースターを待望する業界の苦肉の策。
そこで私が思うに、現在輪界にプロ野球出身者、松谷秀幸・伊代野貴照・萱島大介に、独立リーグからは小松崎大地、そしてA級で頑張ってる日野博幸。確かに十代の若者とは違いますが、世間の荒波にもまれているので社会人として、そして人間的にもしっかりして居り、教育の必要もないし、その生き様は何も知らずに入って来る若者の生きた手本。ならば業界のトップはそっちに目を向けて競輪をアピールすればもっと活性化するし、凄いストーリーを有した選手も中には居るかも知れず、そんな者がスターに成れば国民の注目を浴びて競輪そのものが見直される気がして成りません。
現在輪界のトップを形成してる超スターの一握りは、どうして自分がこゝに居られるかが解ってない者が居り、報道陣はそれこそ腫れ物に触るみたいに緊張して取材してるのが実情。羽生君・藤井君そして野球界の大谷君・清宮君みたいな爽快で誰からも応援される超スターの出現こそが競輪復興の起爆剤、それを渇望します。

開催日程

平成30年02月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
場外1 高松競輪場
玉藻杯争覇戦
川崎競輪場
ミヤタ・クルーズカップ

四日市競輪場
読売新聞社杯全日本選抜競輪

いわき平競輪
ジャパンカップ・日刊スポーツ杯
静岡競輪場
たちあおい賞争奪戦

奈良競輪場
春日賞争覇戦
京王閣競輪場
関東C&京王電鉄杯&サンスポ杯
小倉 DMM競輪杯 ミッドナイト 夕刊フジ杯 ナイター 東スポwebカップ ミッドナイト 北九州ダーツグループ杯 ナイター
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター

平成30年01月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1

別府競輪場
スポーツニッポン新聞社杯


静岡競輪場
日刊スポーツ新聞社杯
和歌山競輪場
和歌山グランプリ
岸和田競輪場
名輪会 第26回石田雄彦記念杯
大宮競輪場
東日本発祥倉茂記念杯
小田原競輪場
神静民報社杯争奪戦
松阪競輪場
蒲生氏郷杯王座競輪
広島競輪場
第31回古田泰久記念杯
場外2


立川競輪場
鳳凰賞典レース
























小倉 チャリロト杯 ミッドナイト スーパーナイター濱田賞 ナイター 富士通フロンテック杯 ミッドナイト 日刊スポーツ杯 ナイター ニッカン・コム杯 ミッドナイト
久留米 エンジョイスピードパークNR ナイター

平成29年12月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1
別府競輪場
別府八湯ゆけむりカップ

伊東競輪場
椿賞争奪戦



佐世保競輪場
九十九島賞争奪戦



広島競輪場
ひろしまピースカップ
大宮競輪場
関東C・サンケイスポーツ杯
平塚競輪場
KEIRINグランプリ2017

小倉 ケイドリームス杯争奪戦 ミッドナイト スポーツ報知杯 ナイター 楽天・Kドリームスカップ ミッドナイト オッズパーク杯 ミッドナイト 協和食品杯 ナイター
久留米 第32回西日本カップ

注目の最新情報をチェック!

facebookウォール