競輪歴54年のコーナー

平成26年11月26日

平成26年11月26日
小倉競輪祭の売り上げショックで何時もの倍疲れましたが、別府FIの仕事をしてる以上は気落とかはしてられません。
弟(専務)からの詳細なレース後の選手全員のコメント、そしてメンバー発表後の作戦コメントを元に2日目の新聞は充実したものが仕上ってます。
番組はどちらかと言えば競輪祭とは趣を変えてガチガチの本命より、高配当のファンを喜ばせる様に、ひと捻りしたものが多く、これなら腕の見せ処。
私的には難しいのが予想のし甲斐もあるので大好きなんですが、売り上げとこれまでやって来た事がある選手の気持を無にする訳にはいかないので、
そこら辺りも考えてのものかと思います。前半戦のA級6個、そして後半戦のS級5個、どれ一つとして見送るには惜しいものばかりなので、
コンドル紙を元にしてしっかり勉強して貰えれば思わぬ金脈にぶつかる事請け合いなので、利用してインターネット投票、そして場外にサテライトで楽しんで貰えれば別府市もウハウハですのでお願いします。

平成26年11月24日

平成26年11月24日
小倉競輪祭の最終日は祝日で、この売れそうな優秀な番組なら、昨年12月1日の日曜の37億の上を行くものと信じてたのに、朝一から不安なスタートは、そのまゝ伸びず、決勝戦も昨年より2億減で何と33億強とは。
折角3日間で昨年を2億オーバーしてたのが4億減で99億を切る大ショック。
小倉本場は去年より賑わってたのに。又私の解説会も大盛況で、弟の解説そしてコンドルの予想もバチバチ的中したにも関わらず、正直言って大ショック。
疲れがドッと出てしまい、明日からの別府FIの仕事さえ、瞬時ですがやる気喪失しましたが、それではダメと気付き全力で納得の新聞が仕上がりました。
現地には弟が小倉から直行しての直撃取材、楽しみにして下さい。
小倉の最終日は2段駆けに、推奨した相川永伍に小松崎大地は堂々の逃げ切り。
決勝戦は◎の平原康多が鐘前先行、武田豊樹を残し第一本命、3着に神山雄一郎は想定の範囲内なのに、3連単は4千円近くなら信じた方は絶対儲けられたと信じます。
優勝した平原は8ヶ月の自粛を受け容れた事であきらめていた競輪祭なのに、そこで運命共同体の武田に先導して貰ってのグランプリ連続出場を素直に喜んでました。
これで9人が決定。関東は平原康多に武田豊樹ー神山雄一郎。平原は鶴の恩返しで武田のために発進は必至。
近畿は稲川翔に村上義弘ー村上博幸。中部は深谷知広ー浅井康太で岩津裕介は中部の後か決めずか。
各々の先頭に成った3人は発進ムードなのも興味深い岸和田グランプリです。
競輪祭決勝後の談話は、優勝の平原は「武田さんの気魄が凄くて、稲垣さんの捲りを止めただけです。全て武田さんに感謝」。
武田は「稲垣の飛び付きも頭に入れてたけど下げたので鐘からホーム迄はペースで、そこから全力なので疲れました。神山さんが中を来る事と平原が締め込むのは想定してた」と会心の笑み。
神山は「2着でいゝやと思ってたら、内が空いたので行ったけど平原にやられた」と言っても笑顔。そして「これで久し振りに休めます」。
4着の浅井は「稲垣さんは行ったと思った。そして最高に仕上ってるので、この調子を何とか年末の大一番迄維持します」。
木暮は「4番手を納得して固めたし、急所で被ってしまったが良い経験をさせて貰った」とサバサバ。
近畿を代表した稲垣は、捲りでVを狙って行けなかった事に「力不足です」とガックリ。
金子は「浅井に任せての事なので」とこっちも納得。
佐藤友は「金子さんの内か外か迷わず、内へ行ってれば優勝してたかも」と言って笑ってました。
山崎芳仁は「展開が向かず力出し切れずに終わりました。来年こそはです」。

平成26年11月23日

平成26年11月23日
小倉競輪祭の3日目は想定通りにどのレースも力のこもったものばかりで大いに盛り上がりましたが、売り上げの方は、アベノミクスの崩壊もあって、1億足りなかったのは事実ですが、これ全て競技会、それも番組の頑張りで3日間で65億1千万。ならば最終日に45億なら目標の110億ですが、それは天と地がひっくり返っても無理なので、せめて昨年並の37億なら、102億で昨年を2億越える事に。
番組と記者担当で頑張ってくれた競技会に感謝。
最終日はグランプリレースもあって、記者は大いに盛り上ってます。
神山雄一郎に浅井康太は賞金で決定、これにGⅠのタイトルホルダー5人で7人は決まり、残る椅子は2席。8番目の岩津裕介は、その7人以外が優勝して、金子貴志が2着の時だけが10番目。新田祐大は、浅井康太・神山雄一郎・武田豊樹が優勝して、金子貴志が4着以下と条件は厳しく成りましたが望みはあります。
私の解説会は大賑わいで絶好調ですが、そこまでのヒットは無かったので最終日は更に気合入れて喋るし、コンドル紙は狙いに狙いまくってるので期待して下さい。

平成26年11月22日

平成26年11月22日
競輪祭の2日目は昨年の土曜が3日目だったとは言え、27億行ってるので23億は期待したけど、20億5千万は少しだけガッカリでしたが、明日は日曜の3日目なら27億は行きそうで、そして最終日の祝日に去年の日曜で37億だったなら、103億には達する計算。是非そう成って欲しいと願ってます。
2日目は、2R・5Rの3連単は42万に47万6千円の大穴が飛び出しました。その他のレースも大激戦で手に汗を握るものばかり。3日目は更にヒートアップする激戦の連続、この中から狙いを絞るか、穴をのヒントを少々。
1R、竹内雄作のハイパワー。
2R、大西祐の大捲り。
3R、松岡貴久の頑張り。
4R、飯嶋則之の突っ込み。
6R、埼京トリオ。
7R、天田裕輝の勢い。
8R、池田憲昭の連突入。
9R、池田勇人の捲り単。
10R、岩津裕介の執念。
11R、山崎芳仁。
12R、石井秀治。

平成26年11月21日

平成26年11月21日
競輪祭の初日は金曜日で、前回高松記念の売り上げ、そして例年11月は冷え込む事を考えたら16億でもおかしくなかったのに、18億4千万弱は大成功。2億は番組の力だと言う事は火を見るより明らかな事。この流れで2日目も万全の番組が出来上がっているので22~24億は行くのではが私の甘い予想ですがどうでしょうか。
初日に際立って良かったのは小松崎大地、その他の選手も悪いのはほんの一握りで良いレースをしてくれました。
勿論私の早朝解説会は絶好調、2日目からは更に油が乗って来るので絶対に見逃さず本場に来てください。
1R、早坂秀悟。
2R、関東コンビ。
3R、成清貴之。
7R、石井秀治。
9R、松岡健介。
10R、小倉竜二。
11R、桐山敬太郎。
12R、浅井康太。
です。

開催日程

平成26年11月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
場外1 京王閣競輪場
富士通フロンテック&東中杯ナイター



別府競輪場
ジャパンC富士通フロンテック杯
名古屋競輪場
西日本カップ S報知・味仙杯
高松競輪場
玉藻杯争覇戦








別府競輪場
第8回都ネクタイ杯


岸和田キング争覇戦
場外2 松山競輪場
金亀杯争覇戦



























小倉 ミッドナイト競輪Kドリームス杯 朝日新聞社杯競輪祭 ホテルニュータガワ杯 ナイター
熊本 第1回えがしらクリニックカップ

平成26年10月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1
大垣競輪場
水都大垣杯
武雄競輪場
CableOne賞









千葉競輪場
開設記念 第7回滝澤正光杯
佐世保競輪場
九十九島パールシーリゾート賞
防府競輪場
周防国府杯争奪戦



金亀杯争覇戦
小倉 ミッドナイト競輪オッズパーク杯 ミッドナイト 新星社杯 ナイター スポーツ報知杯 ナイター
熊本 火の国杯争奪戦 火の国杯争奪戦

平成26年09月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
場外1 岸和田競輪場
名輪会カップ 石田雄彦杯

別府競輪場
第11回アペックス杯



前橋競輪場
オールスター競輪
別府競輪場
第12回コカ・コーラウエスト杯

岐阜競輪場
長良川鵜飼カップ



青森競輪場
みちのく記念競輪
小倉 ミッドナイト競輪Kドリームス杯 ミッドナイト 西日本スポーツ杯 ナイター ミッドナイト競輪西スポ杯 ミッドナイト

注目の最新情報をチェック!

facebookウォール