競輪歴54年のコーナー

平成27年09月03日

平成27年9月3日
青森記念の売り上げ目標は、去年が61億だった事で62億だそうです。前検日は何時も以上にスムーズ。

気に成るのはこゝから復帰した平原康多。
右手首の手術痕は生々しくて、本当に大丈夫かと訊いたら、「全然ですね、だって握力は80あったのがゼロに成り、
やっと50迄戻った状態では右手と左手のバランスもあるので、そこら辺りは割り切引いて下さい」との事。
しかし右手首以外は叶う限り鍛えたそうです。下半身を重点的に、重要視してる体幹も入念にやって来たし、休んでる間にやれる事は全てやったとの事。
松戸オールスターの前に実戦の勘を取り戻す意味もあって強行出場には違いありませんが、これ迄何度も常識を覆して来た「男」なので、
それなりの結果は期待していますが、目下6800万の賞金はグランプリの当確でも、何が起こるか判らないで、競輪祭迄に8千万近くは稼いで安全圏に早くが本心な様です。

それからもう一人は成田和也。6月末の小田原FI決勝で落車、昨年2度もやった右鎖骨でなく、今回は逆の左鎖骨々折との事。
手術してボルトで止めてる状態でも練習はして来たそうで、こゝより次のオールスターを見据えての事が真相。

村上義弘は、突然引退した高城信雄と市田佳寿浩を誘い、一緒に温泉で労って来たそうです。
それから痛めている膝の治療をやり乍ら、これ又オールスターに向けて調整してる最中。初日は三谷竜生の番手戦。

熊本の中川誠一郎は、練習仲間の後輩、松岡貴久に任せ様と思っていたら
松岡に「もう僕は自在にやって行こうと思ってるので、後で頑張りたい」で、中川が初めて松岡の前で自力に成りました。

地元北日本は主役の新田祐大・佐藤友和・早坂秀悟は元気一杯。
初日に新田の番手に成った佐藤友は、何故か喜んでなかったのは、新田には付け難いからだと思います。

これが特選のショートヒント。1次予選はコンドル紙に詳しく載せています。

平成27年09月02日

平成27年9月2日
9月1日に青森入りしましたが、まだ暑くて半袖で涼しいのを期待してただけに残念。
この地で小田原記念を観戦しましたが、決勝は小松崎大地の番手は柴﨑が狙うのではと思ってたら
その通り、取り切った柴﨑に任せた岩津裕介の優勝と思ったら、何と溜めていた池田勇人が初日特選の阿竹智史を彷彿させる捲りで、久留米に次いで2度目の記念V。
それも追加で、競輪祭の出場を決めたばかりか特選シードまでの大ラッキー。2着はこれで3度目の記念準Vの小松崎で、岩津は3着止まりでした。

青森記念の前々検日、てっきり欠場と思われた平原康多が11レースに名前がありました。これでスターが勢揃い。
10Rには村上義弘が三谷竜生の番手。中川誠一郎も松岡貴久を使える事に。そこに快調、岩本俊介。
11Rは平原に芦澤大輔ですが、絶好調、早坂秀悟には内藤宣彦―成田和也。こゝに若武者、郡司浩平。
12Rは新田祐大に佐藤友和、それに竹内智彦。これには神山雄一郎も影が薄い豪華なメンバー。
1R~9Rの予選にも有望選手がズラ~リ。番組の技量はそこまで優秀とも思えませんが、それなりに組んであります。
2日目からはもっと売れる番組が必要に成ると思うので頑張って下さい。

平成27年08月31日

平成27年8月31日
小田原記念の3日目は、初日・2日目とは違い、やっと普通の競輪らしい内容と結果で一段落、だからと言って大ヒット迄にはなりませんでしたが、私の方もそろそろエンジンがかゝって来たので、最終日、そして中1日で始まる青森記念が楽しみに成りました。
決勝戦は、柴崎淳に岩津裕介ー池田良、小松崎大地には、高橋陽介ー林雄一、池田勇人に飯嶋則之ー大崎飛雄馬。私の狙いは岩津裕介ー池田良の折り返しに、林雄一の単で筋違いですが、どうでしょうか。
売り上げの方は目標の60億には届きそうにないですが、このメンバー、そして日程を考えたら健斗したのでは。今回は南関の名物課長が女性の部下を男に負けない戦力にせんと鍛えて事です。その期待に応えんと努力されてる女性も立派、事務所にはまだ何人も居られるそうで、名物課長の手腕に期待してます。何れにしても南関の競技会の皆様は他地区以上に張り切って居られるし、お世話に成ってる次第。尚今日は競技会、それも九州は大異動があったみたいです。何処へ行っても通用する人材ばかりなので、更に良く成るし、頑張ってくれると大いに期待してます。

平成27年08月30日

平成27年8月30日
小田原記念はこれが初日の流れなのか、こゝまで荒れるかと言う程の荒れ方。これまでの3・3バンクなら7割方は番組の思惑通りに決まるのに、寬仁親王牌で、園田匠、サマーナイトを近藤龍徳が獲った事で、展開さえ向けば誰でも超スターが相手でも勝てる流れが今回の荒れ方。暫くの間は続きそうで、正直言ってこれ迄のキャリアに連日の様に選手を取材してるのは何だったのかと、落ち込んでるのは事実。しかしこんな事が長く続く事は無いし、競輪はその時の調子、そして底力、それから人間関係をミックスする能力があれば、何も努力してない人には負けないギャンブルと信じて、現在のスタイルを貫く所存です。この2日間は大いに迷惑をお掛けしてますが、内容には自信あります。それだけの事は載せてるので存分にご利用して下されば幸せです。3日目は全力で的中させる様に取り組んでますので、よろしくお願いします。

平成27年08月29日

平成27年8月29日
小田原記念の初日は、南関東の番組マンが集結して1円でも多く売り上げる様に、1次予選は堅く組んでいたのに、思惑が次から次に外れ、大穴の連続。筋と本命に近かったのは2Rと11Rだけでは売り上げは伸びる筈もなく、まだ年金の残りがあるのに、13億2723万5000円では、ダメだったのでは。何でもスタートが肝心だと言う事を考えたら、開幕戦に話題性ある渡邊雄太のレースを持って来て、2レースにこれでもかで近藤龍徳にして、3R
を高久保雄介ー三谷将太で行き、1・2・3にしたレースを4・5・6にして、7Rに松川高大、8Rが新田康仁、9R、茨城コンビだったら、流れ的にこゝまでは荒れず、14億は越えてたと思いますがどうでしょうか、本場が凄く賑わっていただけに惜しい事をしたと思ってます。挽回が必要な2日目も勿体ないのが、1~5R迄にも少しはあったけど、それより2次予選で、中村一将と柴崎淳を替えてたら2個レース堅いのが出来たのに、それが中村一将は単騎と成り、穴党は大喜びでも本命党は。私は初日みたいに荒れた事で、やさしいのより難しい方が挑戦し甲斐があって楽しみです。初日の分は残り3日間で挽回したいと思ってます。

開催日程

平成27年09月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
場外1
北条早雲杯争奪戦

青森競輪場
みちのく記念競輪
別府競輪場
第12回アペックス杯
岐阜競輪場
長良川鵜飼カップ
別府競輪場
第8回ヤクルト杯


松戸競輪場
オールスター競輪

弥彦競輪場
関東カップ・スポーツニッポン賞

湘南しらす丸八丸杯
ナイター


日本名輪会カップ 井上茂徳杯
場外2



伊東競輪場
ミカリンナイトレースナイター



















湘南しらす丸八丸杯
ナイター


日本名輪会カップ 井上茂徳杯


小倉 ミッドナイト競輪トータリゼータ ミッドナイト ミッドナイト競輪オッズパーク杯 ミッドナイト ギラヴァンツ北九州杯 ナイター ミッドナイト競輪オッズパーク杯 ミッドナイト

平成27年08月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1
泗水杯争奪戦
防府競輪場
毛利賞争奪戦/ガールズ
豊橋競輪場
ちぎり賞争奪戦



富山競輪場
瑞峰立山賞争奪戦
武雄競輪場
第4回 闘将 佐々木昭彦杯
四日市競輪場
西日本カップ 中日スポーツ賞






小田原競輪場
北条早雲杯争奪戦
場外2
佐世保競輪場
オッズパーク杯ナイター
















函館競輪場
サマーナイトフェスティバルナイター








小倉 第9回吉岡稔真カップ争奪戦 ナイター ミッドナイト競輪日刊プロ杯 ミッドナイト
熊本 モーニング競輪 モーニング競輪 第15回F1ジャパンカップ 第15回F1ジャパンカップ

平成27年07月開催日程

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
場外1
松戸競輪場
吉井秀仁杯フラワーラインカップナイター




前橋競輪場
三山王冠争奪戦

宇都宮競輪場
第37回報知新聞社杯
弥彦競輪場
寛仁親王牌・世界選手権記念

取手競輪場
報知新聞社杯
福井競輪場
不死鳥杯


泗水杯争奪戦
場外2
小松島競輪場
阿波おどり杯争覇戦




川崎競輪場
神奈川新聞社杯・S横浜カップナイター



















小倉 ミッドナイト競輪チャリロト杯 ミッドナイト ミッドナイト競輪オッズパーク杯 ミッドナイト TVQ杯 ナイター 日刊スポーツ杯 ナイター
熊本 モーニング競輪

注目の最新情報をチェック!

facebookウォール