競輪歴54年のコーナー

平成31年04月26日

平成31年4月26日
伊東のトラック支援記念は裏開催が岸和田FⅡと防府モーニングしか無かった事でスタートの売り上げは10億を軽く越す勢いでしたが、スター不足と外国人では後半の伸びを欠いて8億7543万でしたが、初日の目標は7億5千万だった事で1億3千万近くのオーバーなら目標は軽く突破の流れです。
初日はまずまずの的中だったと思います。ヒットは10R阿竹智史の首位。2日目も番組が面白くてしっかりしたものばかりなので売り上げには繋がるかと。
それで全レースのヒントをサービスします。

1R赤塚悠人
2R森安崇之
3R中井達郎
4R木村隆弘
5R原口昌平
6R高木翔
7R岡崎智哉
8R阿部大樹
9R野原雅也から瀬戸内コンビ
10R小森貴大・稲川翔
11R近畿コンビ
12Rは観戦するレース

平成31年04月24日

平成31年4月24日
伊東トラック支援記念前検日の取材を終えました。何時もの記念と違い主役はグレーツァー・ブフリ・トルーマンの外国人3名。特選が従来の3個と言う事でこの3人は10・11・12Rに配置されたのは1班が24名しか斡旋されてなかった事での珍現象。2人の欠場で伊藤勝太・竹内翼も2班なのに特選シード。1予は1~9Rなので、退屈しないで済みそうです。
売り上げ目標は40億。メンバーと日程を考えて控え目の設定。日本一熱心な施行者なので、目標はクリヤーするものと思ってます。
私の狙い選手を。
1R、大石剣士。
2R、高木 翔。
3R、久島尚樹・上吹越直樹。
4R、小笹隼人。
5R、東矢昇太と鷲田佳史。
6R、木村隆弘の2連対。
7R、新田康仁。
8R、小森貴大。
9R、森田優弥。
10R、阿竹智史。
11R、ブフリから小川真太郎。
12R、グレーツァーから近畿コンビ。

久留米FIナイターも同じ日程。ガールズは中川諒子。A級は鶴良生。S級は上田尭弥が主役で狙い。

小倉ミッドの熊本主催はチャレンジは内山雅貴で、1・2班は特進に王手を掛けてる黒沢征治の3連勝が濃厚のシリーズ。

平成31年04月23日

平成31年4月23日
川崎ナイター記念は同じ南関東の絆で昼間の静岡FⅠは朝10時半からスタートして3時前には最終レースをやり、それからリレーナイターと言う競輪祭のミニ版だったので凄い盛り上がり。それが売り上げに反映しない訳はなく40億の目標が45億を越えてました。
決勝に松井宏佑・志佐明・吉田茂生が進出果たし、常連の村上義弘・武田豊樹が乗れなかったのは世代交代の顕著な例。連続して開催されてる大垣FⅠもA級S級と新人がとんでもないパワーを発揮。マーカーは取り残されてます。
A級は小玉勇一・船瀬惇平・曽我圭佑・染谷幸喜・伊藤稔真の2班組のパワーは圧巻。S級は林大悟・野口裕史のパワーは桁違い。
24日前検の伊東トラック支援記念は初日特選3個が甦り、外国人のブフリ・グレーツァー・トルーマンが配置され世界の脚を披露する事に。
久留米FⅠナイターも同時スタートで、負傷した河合佑弥の代わりは先日こゝで特進を決め、小倉ナイターで決勝に乗り、郡司浩平と好勝負を演じた上田尭弥が追加で入り、3日間頭からの狙い。501勝の加倉正義も追加で盛り上げるます。
夜中の小倉ミッドナイトは熊本主催で、113期の大物、黒沢征治がS級特進を懸けて小倉2度目の登場。そのワイルドな走りにパワーは3日間不動の本命。9レース制でこの3つは24日前検。私は伊東の地で現地からの情報を元に全力で仕事する予定。
これが終えたら平成から令和に跨る松戸ダービー。特選のメンバーも発表されました。
噂に依れば、5月はスタート重注だけでなく、重注を一ヶ月間に3個付けたら3泊4日の黄檗山行きが試験的に実行されるとの事。スムーズなレースと選手の自覚を促す目的でしょう。選手を縛るのはあまり感心は出来ませんが何でもやってみる事は大事。何もやらないよりはマシです。ファンに競輪は変わったと思わせるのも大切、頑張って下さい。
7月には115期・116期がデビューするのも楽しみ。

平成31年04月20日

平成31年4月20日
川崎ナイター記念の売り上げは順調とか。準決勝の3番は実に見応えがありました。志佐明と吉田茂生が決勝に乗ったのは朗報、やっと世代交代が真剣に始まったのかも。展開はニュースター松井宏佑がドカーンと行って、郡司浩平の番手捲りに、後は体の大きい志佐明が固め、単騎の岩本俊介迄がライン。平原康多は吉田拓矢を使う事で、そして三谷竜生は神奈川と関東の争い待ちの捲り策。後はやっと目立って来た我等の松岡貴久。狙いは郡司の優勝です。最終日もコンドルファンのために、全レースのヒントを。
1R、田中孝彦。
2R、三住博昭。
3R、埼玉コンビ。
4R、坂本周作。
5R、工藤文彦から筋違い。
6R、小松崎大地。
7R、和歌山コンビ。
8R、河端朋之。
9R、山崎芳仁。
10R、松本貴治。
11R、深谷知広です。
明日は大垣FⅠの前検日、現地のひかりさんには静岡に続いてお世話に成ります。

平成31年04月19日

平成31年4月19日
静岡FⅠは、A級決勝に111期の林慶次郎・菊池竣太朗・今村麟太郎が3月の別府決勝に次いで対戦する注目の決勝戦、これに関東の実力者、小林申太・吉田裕全も居りもつれそうですが、収まる処は無傷で勝ち上った菊池・林の力の両立。S級決勝は、事故点108点の渡邉雄太が、丸山啓一・山賀雅仁・内藤秀久を従えての捲りで狙うは練習仲間、菊池竣太朗とのアベックV。川崎ナイター記念は2次予選Aの5着ないし6着権利の広き門の悪影響はモロ、それで1着取るより権利取りのレースをやる事で、人気選手が簡単に1着を外す結果に。3連単が主流であれば勝ち上がりは3着権利でしょう。1次予選で11個レースも本命で堅いレースをダラダラとやるのも考えものでは。競輪はスリルがあるから人気を集めたギャンブルでなかったのか、早くこんなダメな制度は撤廃して欲しいもの、そうしないと本当に飽きられて、ライバルボートレースとの差は開く一方に成るのは必至かと。6月からのルール改正もですが、何でもやってみるのは大事ですが、受け容られなかったら戻すか改善する勇気は必要だと思いませんか。
売り上げは2日目も初日と同じ、これは健斗したと思うのか、ダメだと考えるかは施行者の度量。
3日目の狙いを私なりに。
1R、補充、佐々木龍の3連対。
2R、今日こそは、野村典嗣。
3R、高津晃冶の2・3着。
4R、加倉正義の502勝。
5R、近藤夏樹。
6R、河端朋之から埼京トリオ。
7R、松本貴治。
8R、和田真久留。
9R、村上義弘。
10、平原康多。
11R、深谷知広。
12R、郡司浩平は誰しもが知ってる1着候補です。

開催日程

注目の最新情報をチェック!

facebookウォール